[記事公開日]2017/02/17

FLOWER  ☆人気曲ランキング(コメント付き)☆

最新曲☆ Flower 『モノクロ』

 

★萩花のショートカットにも注目!!

 

第1位 瞳の奥の銀河(2015年12月16日)

 

瞳の奥の銀河(DVD付き)(形態A)

・アニメ「金田一少年の事件簿R」エンディング・テーマ

*コメント*
・「瞳の奥のミルキーウェイ」と読みます。

・片思い系

・親しみやすく、とても歌いやすい!

・屋上でのミュージックビデオが印象的。この曲でさらに知名度を上げた印象。

 

 

第2位 やさしさで溢れるように(2016年06月01日)

 

やさしさで溢れるように

・松竹配給映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」主題歌

・JUJUのカバー曲

 

*コメント*

・まず原曲が最高にいい!そして、このカバーもとても綺麗に仕上がっている!

・「え、JUJUの曲歌っているのは誰?」とスマホで検索した人は多いでしょう!(^^)

・この手のバラード曲は鷲尾さんが得意な曲ですね♪

・MVの花の冠も印象的。

 

 

第3位 太陽と向日葵(2013年08月07日)

太陽と向日葵(初回生産限定盤)(DVD付)

*コメント*
・太陽と向日葵(2013年08月07日)がリリースされて、およそ2か月後(2013年10月18日)に水野絵梨奈さんがFlowerを脱退しています。そんな節目の曲となりました。めっち好きだったので残念です。思えばこのころのメンバーが一番好きだったかもしれません。えりぽん、市来さん、武藤千春さんもいるので。。

 

 

第4位 秋風のアンサー(2014年11月12日)

 

秋風のアンサー(初回生産限定盤)(DVD付)

・NTV系ドラマ「ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~」主題歌

 

*コメント*

・めっちゃリピートしていました。(笑)

 

・この曲を最後に武藤千春さんが脱退しました。

 

・実は、三代目JSB「C.O.S.M.O.S. ~秋桜~」(2014年10月15日)が、この歌詞に対するアンサーソング(返答するような歌詞)になっています。

 

「秋風のアンサー」
⇒「今日まで私言えなかったの、好きになるのがちょっとだけ怖かったの。ホントはね、あなたのことを誰よりも愛してます。困らせてばかりいたけど、ごめんね、好きなの。」

 

「C.O.S.M.O.S. ~秋桜~」
⇒『出逢ったことがすでに悲しい運命だったとしても・・・、罪人なんかじゃないよ。』。

 

また、最後の振り付けも同じになっています。

 

三代目JSBのPVを見ると分かる気がします。(^^;)男女の禁断の浮気ソング・・・というウワサです!(笑)

 

 

第5位 白雪姫(2013年12月25日)

 

白雪姫(初回生産限定盤)(DVD付)


・「サマンサタバサジャパンリミテッド」CMソング 他

 

・とっても楽曲が難しい!!ハイパー難しい。

 

・歌詞がちょっぴり重い!!(笑)

 

 

第6位 Blue Sky Blue(2015年04月29日)

 

Blue Sky Blue(初回生産限定盤)(DVD付)


・コーセー「ファシオ」CMソング

 

・市来さんの声がとってもキレイ!!

 

・このパッケージ画像のみおちん(中島美央)が可愛いすぎる!!(^^)

 

 

第7位 熱帯魚の涙(2014年06月11日)

 

熱帯魚の涙(初回生産限定盤)(DVD付)

・日テレ系「スッキリ!!」テーマ・ソング

 

*コメント*

・この曲もめっちゃリピートしてました!

 

※そして、またまた都市伝説があります。(笑)

 

・歌詞が「太陽と向日葵」(2013年08月07日)の続きになっている(かも)。

 

「太陽と向日葵」
⇒『夏が終わる。あなたが好きよ。』

 

「熱帯魚の涙」
⇒『夏が来るわ。あなたを思い出す。』

 

さて、なぜそんなことが言えるのかと言いますと、作詞がどちらも「小竹正人」氏であるためです。

 

「小竹正人」氏は他にも「秋風のアンサー」、三代目JSB「最後のサクラ」、DEEP「白いマフラー」

などを手掛けている方です。

 

(名曲ばかりです・・・)

 

・MVに、萩花伶菜の耳にキスをするシーンがあったり、坂東希さんが涙を流すシーンもあります。

 

 

第8位 さよなら、アリス(2015年02月18日)

 

さよなら、アリス / TOMORROW~しあわせの法則~(初回生産限定盤)(DVD付)

*コメント*
・初の男性目線で書かれた楽曲。

 

「Good by my sweet girl」、「さよならだね、アリス」という歌詞からも読み取れます。作詞は先ほどお話した「小竹正人」氏です。

 

・サビが「さよならだね、ありんす(アリス)」という江戸風に聞こえてしまう。(笑)

 

・カップリングの「TOMORROW~しあわせの法則~」は舞台「アニー」の日本版アレンジ

 

・この曲も歌いこなすのは難しいと思います。

 

 

第9位 Still(2011年10月12日)

 

Still(初回生産限定盤)(DVD付)

・個人的には最強に好きな歌。何回も聞いてるし、何回も歌っている曲。

 

・かっこよくて大人っぽい。

 

・カラオケでPVが見れるという神曲。今では珍しくなってしまった水野さんの映像が見れる。

 

・鷲尾伶菜さんに注目してみるのもよいかも?かなり若いです。

 

 

第10位 恋人がサンタクロース(2012年11月28日)

 

恋人がサンタクロース(初回生産限定盤)(DVD付)

・FLOWER初めてのカバー曲

 

・曲自体は「松任谷由実」さんの楽曲であり、その後「松田聖子」さんなどもカバーしている。

 

・カップリングが「Still」のクリスマスバージョンになっているのも捨てがたい。

 

・聞いていると鷲尾さんの笑みが今にも浮かんできそうな曲。(^^)

 

・ちょこちょこいい感じにアレンジされています♪

 

 

第11位 forget-me-not~ワスレナグサ~(2012年08月22日)

 

forget-me-not~ワスレナグサ~(初回生産限定盤)(DVD付)

・アニメ「機動戦士ガンダムAGE」のエンディングテーマ曲

 

・これもかなり好きな曲。何故かと言われると・・なんでだろう。(^^;)

 

・曲の入り方も好きだし、サビも好きだし、カラオケに行っても歌いたくなります。あと、なんかせつないからです。。

 

第12位 SAKURAリグレット(2012年02月29日)

 

SAKURA リグレット

・千葉テレビ「MUSIC FOCUS」エンディングテーマ曲

 

*コメント*

・水際での踊りがとても印象的。カラオケで流せばPVが見れる!!「えりぽん」が出てるのが嬉しい。

 

伶菜がまだ若い。

 

・いまくらいの人気ぶりでこの曲がリリースされたら、爆発的に売れていたのではないかと思っている。割と私の中では神曲です。(笑)

 

・歌いやすいし、曲もかっこいいです!

 

 

★その他、ご紹介しちゃいます♪

 

・初恋

⇒スローリーな曲です。

 

・他の誰かより悲しい恋をしただけ

⇒最近の人気曲。

 

 

・TOMORROW ~しあわせの法則~

⇒アニーの曲の日本語訳です。原曲も好きだし、この曲も好きです。そう考えてみると、Flowerってカバー曲多いですね♪「さよなら、アリス」のカップリング曲です。

 

 

・人魚姫

⇒大人っぽい曲です。歌いこなせたらかっこいいですね♪

 

なんというか、こういうドロっとした大人っぽい曲がFlowerっぽいですね。(笑)

 

こちらは「THE BEST」のアルバムにしか入っておりません。

 

最後に♪

 

Flowerの曲は、ほとんどが歌えるようになっています。

(たまーにダンスミュージックもありますが)

 

極端に高い声を要求される歌もあります。

(さよならアリス、白雪姫あたり)

 

とりわけ歌いやすい曲も多いので、カラオケではほとんどが盛り上がると思います。(^^)

 

私はほぼすべての曲が好きです。(笑)

 

以上です♪

 

THIS IS Flower THIS IS BEST(2Blu-ray Disc付)

 

E-girls紹介ページ
Happiness ☆人気曲ランキング(コメント付き)☆

 

E-girls  ☆人気曲ランキング(コメント付き)☆